SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばあちゃんは、ボケてから周りの人に対し

「わたしは働いたことがないので、世間知らず」だとよく言うようになった
「働きに出る前に結婚してしまって・・・」と、何度も何度も人に話す
挙句の果てに、ヘルパーさんに対して「あなたは働いていて、いいわね」ときたもんだ
まったく失礼極まりない、好きで働いている人なんてそんなにいるもんじゃない

でも、そう言うということは、働きたかった? つまり、したくもない結婚をさせられたということ??多分そうなのだろう、人生の分岐点に疑問を持っているというのが心の底の本音なのだろう

ということは、その後おやじと過ごしてきた日々は、その疑問を払拭してはいないということ?
まじめに考えれば悲しいことだ。おやじにあの世で会っても、こんなことは口が裂けても言えない。おやじ自身、自分の本当に行きたい道を捻じ曲げて築いてきた家庭の結末が。。と、つい男として熱くなってしまう

ロジカルに思考しているわけではないことに注意しつつも、ある種の落胆を隠し切れない
だって、この私はその疑問から生まれてきたのだから・・・

冷静に、冷静に、、

ボケ老人のたわごとの言葉尻を捕らえてごちゃごちゃ言っているわけではない
ここに、ある種自立していない人間の影を垣間見た、そんな気がするだけ


にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね

[精神的「自立」②]の続きを読む
スポンサーサイト
先日ある人からこんな話を聞いた

サラリーマンの草野球チームほどマナーが悪いような気がする

その人は、社会人になってから地元の草野球チームに入ったらしいが、企業がらみのチームと試合をするたびにそう思うと言う。常識的な野次ならいざ知らず、罵倒というか個人攻撃というか挙句の果てにはクロスプレーでつばを吐くなど、おおよそ大人の行為とは思えないことをいかにもサラリーマン組織の一員らしい人がするというのだ

これは、たまたまなのかもしれないが妙に頷いている自分がいた
自分たちが勝てば手段を選ばない、地位があるのだから何をしてもいい。自分たちさえ面白ければ・・・
今の日本のサラリーマン事情の鏡のようなお話

彼の属したチームは、野球好きの気のいい仲間が集ういい雰囲気のチームで、そのような挑発には一切のらないのだという。でも、ふつうは怒るでしょう

そこには深く恐ろしい理由が・・・

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[精神的「自立」①]の続きを読む

嫁がうつ病になった

原因は、ボケ老人介護

そして、いわずと知れた私「おっと」自身が原因である

ボケ老人の介護なんてしなければ、こんなことにならなかった。などという気はさらさらない。そして、自分がもっとちゃんとやっていれば・・・という激しい自己嫌悪的な言い逃れをする気もない

これは単なる「事実」であるだけ

嫁は精神病に対してまったく知見はなかったが、目の前に繰り広げられた実体験と周辺のささやかな知識を持ったことで多少なりとも予備知識を持っていたはずである。そう、少なくとも頭の中では。。しかし、知識だけでは心の病気を防ぐことはできない・・・多分そういうことなのだろう

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[嫁のうつ病]の続きを読む

こんなつたないブログを読んでくださっているみなさまへご連絡があります

このブログのサブタイトルを変更しなければならなくなりました!

異動発令で日本に帰ります。しかも赴任地は自宅から通えますので、遠くで見守ることがもはやできなくなる運命。いよいよ、渦中に入ることになります(笑)

ブログは続けるつもりですが、立場変われば言うことが変わるのは必定!はてさて、どんなことを言い出すか・・・自分でも楽しみです。はい
とは言うものの、パソコンは先日ひとあし先に船に乗るため港へ行きました。何かとばたばたしておりますので、更新がしばし滞るかもしれません。船にゆられて4週間かかるそうです(通関等の手続き含めて)。一応サブ機(Skype用の古いノートパソコン)がありますので、しばし今のスタンスで続けるつもりですが、帰国第一声は、もう少し後になる予定です。取り急ぎご連絡まで

そもそも、何でこのブログを書こうと思ったかと言いますと・・・

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[「はじめに」の一部変更]の続きを読む

ばあちゃんは、何かが頭の中に宿るとなかなかそのことから離れず固執する。そして、場合によっては「執念」とも思える行動をとることは前回もお話したが、今回も「執念」ねたでまいります

デイサービスに行きだして脳が覚醒してきたのか、何かをやろうという「気力」が生まれてくる。そして頭の中に宿ったのが「料理」、時々台所に立っている気配を感じるようになる。
もちろん凝ったものはできないが、煮物・味噌汁などを作っていたようだ。それだけ聞けば、とてもいいことなのだが・・・

問題は だ!

ボケ老人がまともにガスコンロを使えると思うことは間違い!どうひいき目に見たって「危険」。ボケはじめにIH化を断念(行政支援制度で却下)している経緯はあるが、あの頃と比べてかなり進行しているから、そろそろ再申請も可能かもしれない、ということでとりあえず手続きを始める
とにかく今の状態では、コンロをつけて鍋を火にかけ忘れてしまうなどということは、当然というか絶対起こる!

お願いだから「料理」は止めてくれと、嫁は懇願するのだが・・・やってくれました!

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[IH化への再挑戦]の続きを読む


認知症の最初の頃に現れた現象は「リモコンが使えない」だったような気がする

一番最初はオーディオのリモコン。これは健常な頃でも難しく、CDを聞くときのボタンに色を塗っていたぐらいなので、ボケはじめにまったく歯が立たなくなる。次第に家電や電話やお風呂のスイッチなどの使い方がわからなくなり何度も聞くようになってくる
もちろん最初の頃は、気軽に聞くようなフランクな嫁姑の関係ではなかったのでいつからだか正確にはわからない。お風呂に入らなかったのも使い方がわからなかったというのもあったのかもしれない
聞かれる度に嫁は、リモコンのボタンに色を付けたり番号を書いたりしてみたがそれも難しくなり、その番号の意味もわからなくなってくる(もしかしたら白内障で文字が見えなかったのかもしれない)

そして、もう一つの問題は「ケチ」

これは主婦の習性?とでもいうか、とにかく「もったいない」が先に来るのだろう。お金に関してもケチなのだが、何かにつけ節約が染み付いているようだ

そこにボケが加わるとどうなるか?

消すことには執念があるが、つけることが難しい。TVやラジオ程度ならいいが、問題はエアコンである。エアコンが電気を食うのは染み付いた記憶であるから、不要と思えばすぐに消そうとする。そして温度感覚が次第に鈍くなってくると、結構大変だったりする

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[独居とリモコンと空調]の続きを読む

ばあちゃんはボケる前から医者に通っていた。病名は高血圧で毎日薬を飲んでいた。もちろん通院していた内科は、ばあちゃんの意思で決めた医者であった

主治医はそこそこ設備のある病院の院長先生で、当初はなかなか親切に対応してくれた・・・当初はね。精神状態が不安定になってきた頃嫁が付添って行き相談に乗ってくれたこともあったし、精神科に行き始めた頃この病院で撮影したMRIの写真を借りたこともあった。昨今の医者は連携が取れていて患者思いだなぁーと思った・・・が

白内障の手術をする病院を決めるとき医院の先生は2つの病院を紹介してくださった。1つはじいちゃんが世話になってた病院だったが、駐車場が広く隣に「老人***」という付属施設を持っているもう一つの病院に決めた。要するに不安は手術じゃなくて「ボケ」の方だったから・・・
でも結局、何の役にも立たなかった

確かに医学の進歩はめざましく、一人の医師でカバーできる範囲も限られどんどん専門化していくことはわかります。でもですよ、だからこそ連携して欲しいものです。専門医をコーディネートしてくれるお医者さんはいませんか???

最初に申し上げておきますが、これはあくまでもボケ老人に関するものとして書いていますので、セカンドオピニオンといった難しいことを言いたいわけではありません。ちょっとした愚痴です

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[医者の道標]の続きを読む

介護者にとって、ショートステイというのはとても魅力的に映る

デイサービスに行ってもらってても、ヘルパーさんや看護師さんにお世話になってても、24時間全く開放されるということはなく日に何回かは足を運ぶ、そんな状態から数日でも安心して開放されると思うと・・・

でも今の状況では、すんなり行ってくれるとは思えない

そもそもばあちゃんは、入院の時の事件家に対する固執、などからして家を離れることに大きなストレスを感じると思われる。とはいうものの嫁の母親もいつ何時どうなるかわからないので、いざというときに手立てがないというのも困る。デイサービスで風呂に入るのに2ヶ月かかったことを考えると、早め早めに手を打っておく必要がありそう

そんなこんなをケアマネさんに相談したが、今利用しているデイサービスにはショートステイがない・・・ということは別の施設?

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[もう一つのデイサービスと担当者会議]の続きを読む

いつも嫁の悩みや愚痴を聞いている従順な?おっと!?!

今回は私の愚痴を聞いてもらおう!

単身赴任をはじめてから2年弱、ばあちゃんのボケからは1年半というところ。昨年(2006年)帰国したのは3回、すべて出張で自費での帰国はない。費用がかかるからというのが最も大きな理由であるが、心構え的には何かあったら帰るということにしている。つまり、幸いそうした緊急事態がなかったということ。そのかわり家族は2回来ているから、ならして2ヶ月に1回は会っているという計算か

とはいうものの家族の中の男手というものはそれなりに必要とされるときがある。と言えば聞こえがいいが、要するに力仕事!子供はいるが、まだそこまで役にはたたない
ということで、帰国の間隔が空くと「こんど帰ったらあれして、これして」というお仕事がだんだん溜まっていく・・・

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[過酷な帰国]の続きを読む

左目白内障の術後が安定したので、そろそろ右目(通常の1/4程度しか見えていない)の手術を検討しなければならなくなりましたが、先の例から入院手術はきわめて困難。というか、また術後せん妄を起こすとかえって手がかかってしまう

ということで通院手術を前提に考えても、術後に眼帯の意味すら忘れてしまうばあちゃんは何をするかわからないので、少なくとも自宅で48時間(この間が最も重要と医師に言われた)の連続監視体制をとらなければならない

この時、諸般事情により姉の協力はもはや得られない状態でしたので、嫁一人で術後48時間の監視体制は物理的に不可能とも思われた
外野の声としては「片目が見えるようになったのだから、無理して右目の手術をやらなくてもいいんじゃない」というのが大勢。基本的には簡単な手術だが、手間と重要度とリスクを考えると私自身そう思うこともあった

それでも嫁は「やりたい」と言う・・・

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[白内障手術 PART II]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。