SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁がうつ病になった

原因は、ボケ老人介護

そして、いわずと知れた私「おっと」自身が原因である

ボケ老人の介護なんてしなければ、こんなことにならなかった。などという気はさらさらない。そして、自分がもっとちゃんとやっていれば・・・という激しい自己嫌悪的な言い逃れをする気もない

これは単なる「事実」であるだけ

嫁は精神病に対してまったく知見はなかったが、目の前に繰り広げられた実体験と周辺のささやかな知識を持ったことで多少なりとも予備知識を持っていたはずである。そう、少なくとも頭の中では。。しかし、知識だけでは心の病気を防ぐことはできない・・・多分そういうことなのだろう

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[嫁のうつ病]の続きを読む
スポンサーサイト

ばあちゃんはボケる前から医者に通っていた。病名は高血圧で毎日薬を飲んでいた。もちろん通院していた内科は、ばあちゃんの意思で決めた医者であった

主治医はそこそこ設備のある病院の院長先生で、当初はなかなか親切に対応してくれた・・・当初はね。精神状態が不安定になってきた頃嫁が付添って行き相談に乗ってくれたこともあったし、精神科に行き始めた頃この病院で撮影したMRIの写真を借りたこともあった。昨今の医者は連携が取れていて患者思いだなぁーと思った・・・が

白内障の手術をする病院を決めるとき医院の先生は2つの病院を紹介してくださった。1つはじいちゃんが世話になってた病院だったが、駐車場が広く隣に「老人***」という付属施設を持っているもう一つの病院に決めた。要するに不安は手術じゃなくて「ボケ」の方だったから・・・
でも結局、何の役にも立たなかった

確かに医学の進歩はめざましく、一人の医師でカバーできる範囲も限られどんどん専門化していくことはわかります。でもですよ、だからこそ連携して欲しいものです。専門医をコーディネートしてくれるお医者さんはいませんか???

最初に申し上げておきますが、これはあくまでもボケ老人に関するものとして書いていますので、セカンドオピニオンといった難しいことを言いたいわけではありません。ちょっとした愚痴です

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[医者の道標]の続きを読む

ばあちゃんは風呂が嫌い?

年寄りには結構多いそうだが、痴呆が進んでくると風呂に入れるのが大変である

といっても前に書いたが嫁が一緒に入って洗ってあげることは、嫁の心情としてもばあちゃんの受入れとしてもできそうな状況ではないので、風呂の支度をして促すのが精一杯。それとて支度した後に「今日はいい」と断ったりする
もちろん、仮に入ったとしても湯船が泡だらけだったり、まったくきれいだったり、ちゃんと洗えているとは思えない状態だった。このころは「めんどくさい」という発言が多く気力も衰えてきていた

服の脱ぎ着もできないわけではないがかなりの時間を要する。ボタンの掛け違いやチャックの閉め忘れなども多々みうけられるようになり、着替えずにそのまま寝ていることもしばしばだから、本人としては風呂に入ることは相当の労力をようすることになっているのだとも思う

おまけに顔も洗わなくなっているようで、皮膚が炎症を起こし医者へ行ったこともあった

時は夏、うかうかしていると臭うようになる、もちろん本人にそんな自覚はない

洗顔は都度促し付き添って、なんとか洗ってもらうことができたが、それはそれでかなり疎まれたようである

そして、風呂は・・・

願わくばデイサービスで入って欲しいのだが、これは終始一貫頑なに拒み続けている
はてさて、どうしたものか???

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[快挙!ばあちゃん風呂に入る]の続きを読む

ばあちゃんをデイサービスに行かせる理由は、もちろん介護者側が楽になることが一番大きな理由である。デイサービスに行っている間は常に見守りがあり、介護者としても安心して自分の時間が持てるからである

では、本人が激しく拒否したらどうする?

それでも行かせる!

ばあちゃんをデイサービスに送出す時の拒否反応は激しい
調子が悪いから今日は出かけないから始まり、病気の年寄りを行かせるなんてひどいやつだ!挙句の果てには、そんなところへ行ったら死んでしまうとまで言うらしい
前にも書いたが、もともとデイサービスなんて・・・と馬鹿にしていた人間

そう、私どもは

自分の利益だけ考えて、いやがる年寄りを無理やり施設に押し込む

思わば思え! なんと言われようとかまわない。だけど、あなた方は知らない・・・

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[デイサービスに行かせる理由]の続きを読む


はあちゃんを心配してくださる方々へ

心配してくださるお気持ちは、とても嬉しく思います。でも

お願いですから思い込みでアドバイスしないで下さい
聞きかじりの知識でのアドバイスはあまりにも辛いです
特に○○がいいから飲ませなさい、△△がいいからやらせなさい
これらは、脅迫に聞こえます。申し訳ありませんがご期待にはそえません

もしそれが本当にいいと信じていらっしゃるんでしたら、少なくともご自身でばあちゃんを説得してください。ただし、明らかに???なものは、御免こうむります

確かに皆様はわたくしどもよりばあちゃんのことをよくご存知かもしれません。そのご主張はごもっともだと思います、が、今のばあちゃんを最もよく知っているのはわたくしどもです。それをさしおいての無責任なご発言、正直片腹痛い思いでございます

なんて、言いたいよなぁ~

でもですよ、聞くのがストレスならば言うのもストレス!であれば・・・

  にほんブログ村 介護ブログへ ←Clickしてね
[あたたかな、ストレス]の続きを読む

旦那の母親が隣に住んでいるのだから、ボケてきたら食事や風呂、身のまわりの世話まで嫁がやって当然でしょう!という崇高なお考えの方は、この先読まれないほうがいいと思います(笑)

でも、そう考えている人は意外に多いんじゃないでしょうか?
現に自分もそう考えてます。多分他の方より強く
可愛そうにこの嫁、結婚する時旦那に「ゆくゆくは老人の面倒を見なければいけないけど、それでもいいですか?」と問われている
だから何かにつけ「最初に言ったろ!」と旦那におちょくられる

一方、ストレスは家庭や人格さえも破壊する恐いもの。通常でも世の中にはいろいろなストレスが存在する、そんな中で巨大なストレスが襲いかかってきたらどうなるか?

老人の面倒を見る時にどんなストレスを感じるか、嫁の立場を想像して考えてみると・・・

  にほんブログ村 介護ブログへ ←Clickしてね
[え?! それってストレス??]の続きを読む

不可解な行動をとるばあちゃんに翻弄され、日々の出来事を深刻に切実に語る妻。彼女の頭の中に「なぜ?なんで?どうして?」が飛び回る

当然と言えば当然、ばあちゃんとそんなに親しくしていたわけでもなく生い立ちや性格を熟知しているわけでもない。ましてや精神的な病気の人と接した事もなく、予備知識のない健常者がその行動を理解できるわけもない、絶対に!


夫婦を十何年も続けていると日々の出来事を都度話すことなんてまずない。現に同居していた時は、飯、風呂、寝るに近い生活だったと思う。それが毎日1時間以上話してもネタは尽きない

もし、Skypeがなかったら・・・ちょっと恐ろしい、国際電話の安いプランは存在するがそれにしても膨大な通信料がかかったことだろう

きっと、ばあちゃんの葬式のときは・・・

  にほんブログ村 介護ブログへ ←Clickしてね
[不謹慎な楽しみ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。