SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左目白内障の術後が安定したので、そろそろ右目(通常の1/4程度しか見えていない)の手術を検討しなければならなくなりましたが、先の例から入院手術はきわめて困難。というか、また術後せん妄を起こすとかえって手がかかってしまう

ということで通院手術を前提に考えても、術後に眼帯の意味すら忘れてしまうばあちゃんは何をするかわからないので、少なくとも自宅で48時間(この間が最も重要と医師に言われた)の連続監視体制をとらなければならない

この時、諸般事情により姉の協力はもはや得られない状態でしたので、嫁一人で術後48時間の監視体制は物理的に不可能とも思われた
外野の声としては「片目が見えるようになったのだから、無理して右目の手術をやらなくてもいいんじゃない」というのが大勢。基本的には簡単な手術だが、手間と重要度とリスクを考えると私自身そう思うこともあった

それでも嫁は「やりたい」と言う・・・

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね
[白内障手術 PART II]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。