SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


介護保険を申請してから約2ヶ月、ようやく要介護1の認定が出て地域包括センターからケアマネージャーを紹介してもらい、具体的なケアプランの作成にこぎつけた

精神科の医師からもデイサービスに行ったほうがいいという話があったので、その方向で進めようとばあちゃんに話をする。医者に言われた時は興味を示していたが、いざ聞いてみると乗り気ではない様子。もともとデイサービスなんて年寄りの行くところだとバカにしている傾向はあったが・・・多分受け入れがたい心境なんだろう

ケアプラン作成のために詳細な調査が必要なので、ケアマネの訪問調査となる
さすがプロだ!嫁が知りたいことを上手に聞き出す

そして、少々驚いた

  にほんブログ村 介護ブログへ ←Clickしてね


嫁も常時接しているわけではなく、細かな日常に関してはなかなか聞けるような雰囲気ではなくジレンマを感じている状態であったが、ケアマネは上手に答えを誘導していた。特に日常生活に関しては、聞いて少々驚いた部分も多々あった
その時のばあちゃんの回答は、こんな感じである

・最近は掃除もしていないようである
・洗濯もあまりしないと言っていた。干すのは2階の室内
・お風呂は入っていないといっていた
・ごみ出しの曜日も怪しい
・食事は朝パンで、ちゃんとやってると言っていた

もともと見栄っ張りな性分だが、ケアマネはその性格を見抜いて上手に聞き出していた
精神科の薬が効いたのか、この頃は幻覚もおさまってきて騒ぎも起こさないので少し安心していたが、物忘れや計算、気力といったものは急速に悪化しているようだ。ただ、肝心な食事については相変わらず「ちゃんとやってる」だった

ケアマネは状況を聞いた後、掃除とかの助けがあった方がよさそうですねと、ホームヘルパーを勧めていた。ばあちゃんは、人が入るのは嫌だとかいろいろと抵抗していたが、これもケアマネの上手な説得で了承したとのこと

次にディサービスの話となったが、やはりこれは最初から否定的であった。会話の中では、今の状況を認めたくないというか自尊心というか、そういう気持ちが言葉の端に現れていたとのこと
とりあえず週2回のプランを作って見学をしてみてはという勧めに渋々応じてたというところである

<ケアプラン>

最終的にはホームヘルパーだけお願いすることにした。点数的にはまだ余裕があるので、今後状況により増やせばいいとの結論とした。
ヘルパーの人選はケアマネに一任、ばあちゃんの性格を加味し、「これはどうしましょうか?」とお伺いをたてながらできる人にしてくれるということであった

ケアマネも食事について、本人はちゃんとやっているというが怪しいと感じている。ヘルパーを通して状況を把握して、徐々に介助する方向で進める
ディサービスは延期とし様子を見ながらすすめる。ケアマネは1ヶ月に1度程度様子を見に来てくれるとのこと

とても頼りになる助っ人登場といったところだ!
とにかくこれで第三者の介入が実現することになる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ezkaigo.blog73.fc2.com/tb.php/14-20f53144
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。