SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家にとっては、思いがけない海外赴任の発令!
どちらさまもそうでしょうが、サラリーマンの転勤には時間がない。。当時、まだばあちゃんはボケてはいなかったが、諸般事情から単身赴任は必然の結論。しかしながら、折角の機会だからと海外旅行計画がはじまる・・・オヤジの生活の心配よりそっちかよ!!!

まっ それはいいとして
長男が中学生で、えぇ~!親と旅行なんて・・・という世代に足を突っ込んでいるので翌年の夏休みに一旦完結させる計画にする(時は春)。
GWに10日ぐらいで、夏休みはほぼ1ヶ月、翌年の春休みと夏休みの計4回。マイレージも調べた、プロモーション+3回の往復マイレージで最後の4回目がタダになる航空会社(最近失効期間が厳しくなったが)を発見!まぁまぁ現実的な計画が出来上がりました。

そんなこんなで、GW、最初の夏休みと順調にスケジュールをこなし、春はどこに行こうかという話になる。水上コテージに泊まるのが夢?わけのわからんことを言い出す嫁。
ってことは、モルジブかぁ~???
確かに春先はベストシーズン!日本からだと乗り継ぎになるがこちらからなら行きやすいし季節料金もないのだが、水上コテージ(高い!)ですかぁ~?。ということで、オヤジがコツコツ貯めた外貨をぜーんぶハタクはめに・・・

などと話が盛り上がっている頃、ばあちゃんの脅迫妄想がはじまり、嫁の水上コテージの夢がガラガラと音を立てて崩れ始め、おっとは ・・・ あぁ~ 憧れのSQおねーちゃんとのご対面がぁ~~

でも、負けません!あきらめません!!

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね

自分はJALのマイレージに足を突っ込んでしまったので他の航空会社が使えません(今更もったいないので)。だからSQに乗ったことがなかったのです・・・なんていうことは、どうでもいいですね

結論から言いますと、全て計画通りに旅行に行きました
夏休みの行程が多少短くなったことを除けば、マイレージも使い切りほぼ満足。ばあちゃんも何事もなくお留守番してくれ、家族のパスポートに周辺5カ国のスタンプを押し無事終了とあいなりました

勝因は?・・・症状が軽かったということに尽きますね = 運がよかった!

ですが、やはり考え方でしょうか
確かに「旅行なんていつでも行ける」「何もこんな時期に行かなくても」という無言のプレッシャーを感じないわけではありませんでしたし、旅行中全く不安なくというほど肝が据わってもいません

ただ、大袈裟かもしれませんが人生のタイムテーブルで「今しかできない!」ことってあると思うんです。旅行は後でも行ける、でもそこに子供はいない、子供がいなけりゃ遊びも違う、ラフティングなんて多分しないだろうなぁ。第一、帰国してからじゃ海外旅行に行こうという発想は浮かばないと思います、私の場合は

阻害要因を0(ゼロ)ベースで考える。物理的に時間がつながらない場合は潔く諦めるが、心情的や対人的な阻害要因なら、それが自分たちの人生に今後必要かどうかまで考えると、自ずと答えが出てくると思う。だって、人に助けられ支えられて「楽しい思い」をした経験があれば、苦しんでいる人を見たとき助けてあげたいという気持ちがわくでしょ!恩返ししたいと思うでしょ!!それがノーマルですよね。。って、これは少々言いすぎでした、あくまでも我家のケースとしてです。

いずれにしろ先にあったこの旅行計画が、後から起こったばあちゃんの介護に対するスタンスに大きな影響を与えています。常にfreeな時間づくりを意識するように
では、具体的にはどのような状況だったかといいますと・・・

【春休み:9日間】
状態 : 症状は総合失調症が主で生活自体には問題ない状態(と思ってた?)

まだ精神科の訪問看護を週1回受けているだけで、他の介護支援はない時期。基本的には薬をちゃんと飲んでいるか確認する程度で、今から思えば手のかからない状態だった。薬は看護師さんがカレンダーボードに1日分づつセットしてくれるので、飲み忘れは目で確認できるようにしてあったが、それでも飲み忘れがある。

この時は余り深く考えず、姉(ばあちゃんの娘)におまかせしちゃいました

☆モルジブはやっぱりいいですねぇ~(ダイビングはしませんが) ⇒ ちょっぴり[GALLERY]

【夏休み:10日間】
状態 : 日々の生活が怪しくなってきている時期で食事と薬の世話が必要

さすがに計画段階からかなりの躊躇がありました。精神障害はほぼ治まっていましたが、ボケの症状が急速に悪化しているようで日々の生活に支障が出てきており、日付感覚も薄れていてカレンダーボードに貼られた薬をちゃんと飲むことすらできない状態でした。よって、薬は食事の度(朝・夕)に提供しなければなりません

加えて姉の体調が悪いようでむやみに頼るわけにも行かない状態だったもので、介護体制ができるかどうかで予約に時期を逸してしまったのも事実です。とりあえずドブに捨てるつもりで第2案にてBOOKING(レダン島)、あとは段取りと時の運
でも、ほんとうにいい人ばかりで、感謝!感謝!・・・問題であった薬の供給も1回分づつ分封したものを配食サービスの方がお弁当に付けて届けてくれることになりました。安否確認も1日1~2回(配達時)にしてくれるのでとても力強い味方になってくれました

これがその時の予定表です。安否確認+ほぼ毎日見守りできる体制を組みました

20070219170530.jpg

皆様のご恩は忘れません! 

注)嫁はまだ終わったとは思っていませんです、はい。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
水上コテージ!素敵ですね。私は海辺で生まれたので、海が大好きです。沖縄で泳いだな・・・・わかいころ・・・・。
 長く先の見えない介護を続けるにはある程度の割り切りも必要です。
 96歳のお母さんを看ておられるご夫婦はお母さんは1階。ご夫婦は2階で寝ています。「夜中に何回もあがってくるときがあるんです」と言っています。転倒や骨折をされている方ですが、それだから続けていけるのだと思うのです。
 利用できるものは最大限利用して、自分たちの人生を楽しむ事も大事です。自分が疲れていると人に優しくなれません。
 それは私たち事業者も同じです。疲れているときは同じことを何度も言われるとついいらいらしてしまいます。日々反省しつつ、整体でほぐしてもらったり、時代小説読んだりして、リフレッシュしています。
 私も、もう少し仕事が軌道に乗って、利益が出たらモルジブにいきたいな!
2007/02/24(土) 22:01 | URL | こはな #-[ 編集]
ご長男、中学生ですか~。オトシゴロですねぇ^^

旅行は“後で”って思ってると、絶対行けません!“行こう!!”って思った時じゃないと行けないですよ。
私も家族で二年ほど前にTDLに泊りがけで行きました。勿論義祖母はもう認知症症状が出ていたけど。
でも、やっぱり行って良かったです。
こはなさんも仰っているように、自分たちの人生を楽しむ事も大事です
もの。
2007/02/25(日) 01:33 | URL | minryui #-[ 編集]
上手く書けなかったので、ちょい補足しますと。私はできの悪いサラリーマンですので海外赴任命令を決して「やったー!」とポジティブに捉えられる人間ではなく、話を聞いたときに上司に「やめろということですか?」とマジで聞いたぐらい「がぁ~ん!」というネガティブな衝撃が走りました
海外駐在というと華やかなイメージがあるかもしれませんが、精神的に壊れてしまう人も沢山います。ましてや私は出世なんかよりも転勤なしの方が幸せと考える人ですので・・・赴任地と周りの人がよかったことで救われているだけです
その最中にはじまったばあちゃんのボケは、少なくとも私と嫁にとってはかなり大きな問題というか一つの逆境とでもいいましょうか?
って、私は誰に言い訳してるんでしょうか??(爆)

こはなさん>

モルジブはいいですよぉ~ ぜひ行ってください!仕事熱心も私どもには大変ありがたいことですし経営者としての悩みも多いと思いますが、ご自身のことも考えなくちゃ!です

確かに自分に余裕がないと人に優しくはなれませんよね
わかっちゃいるけど難しいです。。はい

minryuiさん>

私、人生の勝ち(価値じゃなくて)は自己満足だと思っています。頭のいい人はいろんなこと考えすぎるから満足できないけど、私のようなちっちゃい人間は簡単に満足できます
要するにやれることは今やる、すぐにやる。で、どうしてもやれないことは諦めちゃう。残念ながら「大志を抱け!」の時代は終っていますし、いつ死んでもいい覚悟で生きなきゃいけない歳ですから(笑)
minryuiさんに言ってるわけじゃありませんよ、お若いので終わりを考えるのはまだ早い!
もう少し先にそんなこと考えてみるのもよろしいかと。。
何のために生きてるんだろう?・・・なんてね
2007/02/25(日) 11:04 | URL | おっと #iFb/AFLg[ 編集]
青い海、綺麗なんだろうなあ。
どこでもドアがあればいいのになあ。

やっと旅行に行く気分になったのが去年、10年以上行ってなかったんですよ。子供には本当に申し訳なかったと思ってるんです。
どうしても行く気がしない、行くことが申し訳なく思ったり、義母は発作が頻繁にあって入院が頻繁にあったし、色々なことを言う人がいっぱいいるし。
主人は気分転換に連れ出してくれるのですが、さらに鬱が酷くなって・・・
カウンセリング受けても家に帰ればまた同じ。
なぜ、克服できたか?
一昨年前に股関節を痛め3ヶ月入院したのです。2度の手術とリハビリで義母のことを考えることなく、また整形外科の入院は楽しくて、上げ膳据え膳で最高なんですねえ。家は大変だったみたいですが。
それに3人の主治医に恋しちゃったりして(相手にされませんが)
全く話がそれてますね。
つまり、介護の場から離れることは介護者には必要なのですね、これが言いたかった私なのです(笑)
2007/02/25(日) 16:18 | URL | aya #-[ 編集]
すみません、考え方ではどうすることもできない現実って確かにありますよね。でも厳しい環境を克服されたayaさんにご賛同いただけたことは心強い限りです
入院・リハビリが最高だったというのは逆に介護の過酷さが垣間見えますね。確かに手術といえばだれもとやかく言えないからその点は安心してお休みできますが、心の病は他人にはなかなかわかりませんから・・・

それにしても、三叉ですかぁ~??(笑)

人生をENJOYすることは、いつなんどきでも行動開始さえすればできることだと思ってます
ボケる前ならね
モルジブだったら今がシーズン、日本からでも15万からありまっせー。さっ!どこでもドア(=格安ツアーサイト)へGO!
注)旅行会社のまわしものではありません(笑)
2007/02/25(日) 17:59 | URL | おっと #iFb/AFLg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ezkaigo.blog73.fc2.com/tb.php/23-68459ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。