SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばあちゃんはボケる前から医者に通っていた。病名は高血圧で毎日薬を飲んでいた。もちろん通院していた内科は、ばあちゃんの意思で決めた医者であった

主治医はそこそこ設備のある病院の院長先生で、当初はなかなか親切に対応してくれた・・・当初はね。精神状態が不安定になってきた頃嫁が付添って行き相談に乗ってくれたこともあったし、精神科に行き始めた頃この病院で撮影したMRIの写真を借りたこともあった。昨今の医者は連携が取れていて患者思いだなぁーと思った・・・が

白内障の手術をする病院を決めるとき医院の先生は2つの病院を紹介してくださった。1つはじいちゃんが世話になってた病院だったが、駐車場が広く隣に「老人***」という付属施設を持っているもう一つの病院に決めた。要するに不安は手術じゃなくて「ボケ」の方だったから・・・
でも結局、何の役にも立たなかった

確かに医学の進歩はめざましく、一人の医師でカバーできる範囲も限られどんどん専門化していくことはわかります。でもですよ、だからこそ連携して欲しいものです。専門医をコーディネートしてくれるお医者さんはいませんか???

最初に申し上げておきますが、これはあくまでもボケ老人に関するものとして書いていますので、セカンドオピニオンといった難しいことを言いたいわけではありません。ちょっとした愚痴です

にほんブログ村 介護ブログへ  ←Clickしてね

内科の主治医は精神科も見られると言っていた。だから初期の幻覚の頃、精神薬も出していた。何度か精神科に通っていることを言っても処方をやめなかった。きっぱり「この薬はいりません」というと態度が変わった。だからやめた
もともと精神科(ボケも含め)がわかるというような感じではなかった。嫁は通院の際先生に告げたいことを紙に書いて用意して行く。初期の頃は嫁が一人で診察室に残るとばあちゃんが余計な心配をして厄介だったからである。ボケが進行してくるとそんなことは関係なくなるのだが
問題は、医者がばあちゃんの言うことを鵜呑みにすることだ
  医 者    「他にお医者さんに行ってますか?」
  ばあちゃん 「いえ、どこにも行ってません」
うそだろぉ~! でも、平然と言うのである
さまざまな場面でこういうことが起こるし、ばあちゃんの言うことで診断されてはかなわない
  医 者    「でも本人が言うんですから・・・」        あんたは誰を信じるの???
  医 者    「あなたは痴呆がはじまってますから・・・」   と本人にのたまう
で、さすがの嫁もキレました!

次に行ったのが近所の医院、子供が風邪をひいたときに行くお医者さんで評判はまあまあ。でも、やはり医者を変えると一通り検査される。ボケてて精神科に通っていると言ってるのにボケの検査までする。見てもらいたいのは内科なのに・・・
MRIも撮って来いという(その医者にはないので協力病院まで行って)。仕方ないので連れて行き撮影し、結果を持って後日また通院。そしたら・・・

なんと、ばあちゃんは アルツハイマーだった!

正直言ってそれがわかったからといって我家にはあまり関係ないのだが、最近はいい薬(アリセプト)があるというので処方された
結果的にはこのお医者さんに今でも通っている。その理由はアルツハイマーを見極めたからではなく、その後精神科治療は精神科に任せていることをきちんと話したら、MRIの写真も提供してくれたし薬の処方も精神科が出すことを快諾してくれたからである。そして、そこそこボケ老人をボケ老人として扱ってくれているから。一時双方でアリセプトを処方されて気づかずに2倍飲んでしまったトラブルはあったが

続いて眼科。スポットではあるが一応主治医は近所の医院。ここは女性のお医者さんでいろいろよくしてくれる。問題は白内障手術の時の病院!
眼科病院の強制退院事件はすでに書いているが、素人でも予測できるボケ老人のボケ老人たる行動で強制退院とは・・・情けなや~
なぜ白内障の手術ごときで入院するのか、ボケの状態はどんなものか、嫁はちゃんと説明したんですがね。病院は知ってても、その医者の周囲が理解できなかっただけでしょうが

そして精神科医。ここは外せない、アルツハイマーを見抜けなかった点?もあるが、精神疾患・ボケ老人の扱いを指導してくれたのはこの先生。技量云々というよりは、介護者サイドにも配慮した治療方針がありがたい。場合によっては嫁の愚痴まで聞いてくれて、看護師さんともども頼りにしている

長々と愚痴を書いてしまったが、要するにボケ老人の医者をコーディネートするのは自分たちしかいないということ。ボケを医者が治してくれるわけではない。そして、全ての医者がボケを知っているわけではないということ
介護する自分たちが最もやりやすい医者、意を解してくれる医者を選ぶしかないと思う。それには自分たちの介護スタンスをある程度固める必要があるような気がする。そして儲け主義に走ってて対話の少ない(診察時間の短い)お医者さんはボケ老人にはちょっと厳しいので、ある程度医者と介護者の意思疎通が自然にできる雰囲気が欲しいところだ

現実にボケ老人の扱いを知らない医者はたくさんいる。医者とて専門以外は一般人と同じだと思ったほうがよさそうだ。まあ、医療も日進月歩で進化しどんどん高度化・専門化しているから医者の立場としては仕方ないと思うのだが、だからこそ医者をコーディネートする「道標」があったらな~、と思ったりする

余談だですが、アルツハイマーに関してはケアマネさんも私どもも一度疑ったことがあった。進行の早さ、そして感情の起伏が激しくなってきた頃に・・・その時ケアマネさんは言った
「そうだとしても、やることは一緒ですから!」
この言葉に激しく同意。だからアルツハイマーだといわれても特に動じることはなかったのです
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
 私も医者に対してはいろいろ言いたいことがあります。
 でも、結局、自分が見極めて主治医を決めなきゃならないという結論に達しました。
 私は医者は50パーセントくらいしか信用していません。
2007/03/11(日) 08:18 | URL | さくせすれみ #-[ 編集]
 老人性うつと、認知症の見極めは、よほど興味を持って勉強している医師でないと難しいようです。
 「アリセプト」皆さん飲んでます。医師は「認知症」と診断すると必ずこの薬!他にないから仕方が無いのかもしれませんが、注意書きには、「長期に飲まないように」書いてあります。でも、一度飲み始めるとずっと処方され続けています。
 先日のNHKの放送では副作用として「怒りっぽくなる」ことがある。この症状が出たときは、減らす事も一つの方法と言ってました。(その後の特集では「やはり飲み続けた方がいい」と変わっていましたが・・・。)
 本人の話も聞かず、家族の話だけで認知症と決め付けてしまう医師。
 症状だけを診て、話を聴かない医師。
 認知症の家族に「あなたたちの今までの冷たい扱いが認知症にしたんだ」と家族を攻める医師。
 小規模にデイをしている仲間で集まりを持っていますが、認知症のことをきちんと診てくれる医師は、見つかりません。私は自分の主治医に、診察のたびに相談をしながら、興味を持ってもらえるように話をしています。
 
2007/03/11(日) 21:42 | URL | こはな #-[ 編集]
義母が最初に診察をしてもらったのが、老年科の痴呆症を専門とする医師(10年以上前)。
CT、MRIは年なりの脳と言う事で、長谷川式は義母はほぼ満点状態。隣で一緒に聞いている私と旦那の方が劣っている、うそっ~!と思うほど、普段と全く違う脳を発揮する義母。
医師は流暢な義母の言葉を疑わず、会話をしない私たちが母を悪くしているまで言われ、次回の診察は、いろいろ忙しいからこちらから電話をする、と言ったきり電話がこない、こちらからも電話する気もない、こんな医師。
でも落ち込みましたよ、私達が悪いなんて言われると。
でも仕方が無いのかな、昔だから。専門医と言っても医療技術も進んでないし、家族の心まで分かるはずが無いのかな?
知り合いのお母さんは現在、この先生に診てもらっているのですが、介護者の心情を組んでくれる良い先生だと言っていたけど、先生もあれから勉強したのかな?でも私は嫌。

次は喘息発作で通院していた病院、発作が頻繁で入退院の繰り返しの中、ここでアルツハイマーと診断。抗うつ剤と安定剤の処方がされ、医師は喘息が重視、看護師は全く対応の仕方が分かっていない、あげくの果て「この人一人に私達は構っていられません、暴れて手に終えません、すぐに来てください」というのが毎度。
ぼけ老人に言い聞かせばかりすれば、頭がパニックになるのが当たり前。
私はキレました、担当婦長、総婦長に。
追い出されるように?いや、こちらからお断り、この病院。
でも一人の看護師は私の気持ちを汲み取ってくれて、私の自宅近くの病院を紹介してくれたのです。

ですが、その病院の巷の評判は、入院すると死んで帰ってくると言われるやぶ医者病院。
どうしようか、もし死んでしまったらと思ったのですが、何故か老人にはうけが良くて流行っているのです。
転院して分かりました。
医師が実に老人の扱いが上手、ぼけ老人の対応も笑顔で常に呼びかけをして、コミュニケーションをとり、看護師、介護士も前の病院とは正反対。どんなに徘徊があろうと、点滴抜き周りをしようと、怒ることなく、介護者の私達まで気遣いをしてくれて、「大丈夫ですよ、任せてください」と。
亡くなるという噂、重症患者が他の病院から出されてしまい、受け入れてくれるのがこの病院で、入院期間も3ヶ月ではなく、家族の要望に嫌な顔せず応じてくれる。
義母の時は、婦長が「今度どうされますか?在宅では大変でしょう、老健を視野に考えても良いと思いますよ?」と切り出してくれたのです。
もう一気に、全身の張り詰めた緊張が解け、腰は抜けるやら、涙腺が一気に全開してしまうし、「よく頑張りましたね」なんて言われてしまうと、もうグチャグチャです(化粧がくずれて化け物になった)

この病院は、今は我家のピカイチ病院。全員ここで診察してもらっています、入院しても生きて帰ってます(笑)。世間話から始まり、義母の話、最後に診察っていう具合で、治っても治らなくても、会いに行きたくなる病院になっています。

でも噂って怖いですねえ、やぶ医者病院と聞いたのは私が小さい頃から、まだ言い伝えられているのですよ。
2007/03/11(日) 22:08 | URL | aya #-[ 編集]
医者ってそんなに頼りないのばかりなんですか?たまたまうちの周りにそんなのがいるのかと思って、愚痴ってみただけなんですが・・・

>さくせすれみさん

はじめまして
ブログちょっと拝見しました。ちょうど薬の話題でしたね・・・でも医者ってそんなもんなんですね。私ども素人もある程度勉強しなくちゃ、うかつに信じると危ないですね
今後ともよろしくお願いします

>こはなさん

アルツハイマーといえばアリセプト。とはいうものの内科医が簡単に出したことには少々驚きました。
老人性うつと、認知症は根本的に違いますね。でも、医者がそんな状況では・・・素人診察が錯綜して人間関係をもガタガタにします。精神病は治りますから、そう思いたいという希望も働くケース、逆に認知症にしてしまいたいと思う家族もいるんでしょうか??
いろいろでしょうが、頼るものがないというのは辛いです
2007/03/11(日) 22:12 | URL | おっと #iFb/AFLg[ 編集]
医者でも苦労されているようで・・・でも、いい医者にめぐり合えてラッキーでしたね
私どもは次に内科あるいは外科の入院となったら、どうしていいか?打つ手がない状態です。唯一頼ってる精神科では手術できませんし(笑)

医者の噂、確かに気になります。というか医者を選ぶ時の唯一の手がかり。それも当てにならないとは・・・
日本の医療制度をとやかく言うつもりはありませんが、なんか変!という気がします。せめてカルテぐらい個人に持たせてくれれば、患者の流動化も医師の質も上がると思うのですが???

まあ、ボケ老人の場合はちょっと特殊なケースなんでしょうね
まだまだ
2007/03/11(日) 22:43 | URL | おっと #iFb/AFLg[ 編集]
うちの市にもいわいる「ヤブ」といわれているお医者さんがいますが、なぜがお年寄りには人気。
利用者さんに聞いてみると本人・家族の話をしっかり聞いてくれるそうです。
ayaさんのお話ではないですが、ナニをもってヤブというか疑問になります。

アリセプトの話が出ていましたが、医者にとって確かに医学・薬学の勉強は大切だと思いますが、「人間」相手の仕事なんだから、もう少し他の事も勉強してほしいな~と思います


あ、ケアマネさんの「やる事は一緒ですから!」は、私も激しく同意で~~す♪
在宅ヘルパーも、認知の方に暴れられても文句を言われても途中で帰る訳にはいきませんから、やるっきゃないです!
ほんと「やる事は一緒」ですね

2007/03/15(木) 00:17 | URL | マム #-[ 編集]
そうですね、人のうわさはあてになりませんね。インターネットみたいなもの・・・って、これも書いてあることを読むだけならうわさと一緒ですね(笑)

ことボケ老人の介護に関しては、前にも書いてますが原因を知っても仕方ないんですよね、対処方法と今後の予測に若干役に立つかもしれませんが「やる事は一緒」
でも、こういうことをズバッと言ってくれると余計なこと考えなくてもすみますから、気が楽になりますね
2007/03/18(日) 12:29 | URL | おっと #iFb/AFLg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ezkaigo.blog73.fc2.com/tb.php/29-0a5df00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。