SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまりは、精神障害から

できるはずの簡単な計算ができない。なぜできないか自分でわからない
自分がボケたことを認めざるを得ない事実を目の前にし、その衝撃に心が耐えられなくなって、ということだろうが・・・

ばあちゃんはよく「ボケたくない」と言っていた。ボケることを強く恐れていたのだと思う

今にして思うと、これはとても危険な発想であった。その思いが成就されればいいが、成就されなければ何の心構えもないわけでショック以外の何ものでもない、その衝撃は無防備の心を直撃した
専門家ではないので断言はできないが、状況から見て想像できる

そしてそれは脅迫妄想へと発展していく


  にほんブログ村 介護ブログへ ←Clickしてね

じいちゃんが死んでから一人住まいの恐怖からか異常なほどに戸締りを気にするようになった。鍵を2重にしたり・・・もちろん健常な頃の話

私が転勤する直前、休みに家族がこちらに来るので長らく隣の家が空き家になることが恐いと言い出した。さすがにこの時はこちらも切れて、警備保障を入れるからそんなことで文句いわんでくれ!と、自宅に分不相応な警備会社のシールを貼る。ついでにばあちゃんのうちも入れておこうと思ったら、お金を出すのは嫌だと言うので断念

考えてみれば、この時すでに恐怖心が頭の中でグルグル回っていたんだと思う。元来一人で考え込むタイプ。そして、気づかなかったがボケも着々と進行していたということか

そんな状態で「できるはずのことができない」ということを現実を目の当りにすることとなり、自分の変化が認められずに心を閉ざし妄想の世界に行ってしまったのかもしれない

サイフや鍵がなくなるのは自分に悪意を持つ誰かがやっていることだ ⇒ 自分を誰かが狙っている ⇒ 監視されている ・・・

聞いててアホらしい話だが、本人は大マジである点注意を要する
そんなことはない、大丈夫だからと言っても聞く耳を持たない
そしてそれは、だんだんエスカレートしていき、より具体的なストーリーを作り出していく

ちなみに、ばあちゃんは以前から耳がよく聞こえていないようである。そしてこの頃、目は白内障になりかかっていたはずである

(2005年冬)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、
私はブログを始めたばかりです。
こちらのブログを拝見して、お友達のご夫婦の事を思い出しました。
介護の大変さ・・・自分には当てはまりませんが、本当に大変な事だと思います。どうか、ご夫婦のお身体も大切になさって下さいね!
2007/01/03(水) 00:14 | URL | ノロタン #B7q/.fmY[ 編集]
コメントありがとうございます
お気遣いいただいて恐縮です。ちょっと大変、でも考えようですよね何でも。
お気楽に参りましょう!
お友達にもよろしくお伝えください
2007/01/03(水) 01:43 | URL | 管理人 #iFb/AFLg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ezkaigo.blog73.fc2.com/tb.php/4-13be951e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。