SEO対策:痴呆 介護 ボケ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那の母親が隣に住んでいるのだから、ボケてきたら食事や風呂、身のまわりの世話まで嫁がやって当然でしょう!という崇高なお考えの方は、この先読まれないほうがいいと思います(笑)

でも、そう考えている人は意外に多いんじゃないでしょうか?
現に自分もそう考えてます。多分他の方より強く
可愛そうにこの嫁、結婚する時旦那に「ゆくゆくは老人の面倒を見なければいけないけど、それでもいいですか?」と問われている
だから何かにつけ「最初に言ったろ!」と旦那におちょくられる

一方、ストレスは家庭や人格さえも破壊する恐いもの。通常でも世の中にはいろいろなストレスが存在する、そんな中で巨大なストレスが襲いかかってきたらどうなるか?

老人の面倒を見る時にどんなストレスを感じるか、嫁の立場を想像して考えてみると・・・

  にほんブログ村 介護ブログへ ←Clickしてね


何をストレスと感じるかは、健常なころからの当事者間の関係に依存すると思う。良好な信頼関係が既に構築されていれば、少なくとも導入部分でのストレスは感じないと思う。
我家の場合は、隣に住んでいるだけでほとんど行き来がない状態であった

つまりは、ばあちゃんのうちに行くこと自体がストレス!

そりゃそうですよね、今までは何か用事がある時やわたしや子供と一緒もしくは庭先での立ち話から、といったように何かきっかけがあった時だけだったんですから、用もないのに様子を見に来ましたなんて言えないですよね
いつでも笑顔でウエルカムならいいでしょうが、そういう性格でもないし・・・

もう一つの問題は、このころばあちゃんは「自分は誰かに狙われている」という強い妄想を持っていたので、嫁が敵の仲間になることを恐れた。
精神科は少し離れているのでばあちゃん一人では行けない、それに日常生活にも既に支障が出てきているので、嫁はばあちゃんの生命線になりつつある。いや、近い将来必ず生命線になる。それを拒絶されたら打つ手がないと思った。ばあちゃんがそのことに気づくはずもないのだが

ばあちゃんは、見栄っ張りというか頑固。好意的に見れば、心配をかけたくないということか
食事や家事のことを聞いても「できる」「やっている」「心配ない」というだけで、本当のところ???
では、冷蔵庫を開けてみたりゴミ箱を調べればとも思うのだが、ずっと家にいるのでそんなタイミングはない。ましてや嫁が冷蔵庫を勝手に開けている姿を見て、やつらの仲間だと思われたら・・・やりたくてもできない。これもストレスになる

無用なストレスは回避すべきだと思う。その手段として、考え方を変えてみようと思った

「できる」という主張は一貫しているので、ここでは意思と捉える。本当はどうであれ関係ない、食事が取れていなかったら栄養失調で倒れる。でも1日1回は様子を見ているのだから、倒れても生命には影響しない。だから余計なことはしなくていい、対応はことが起こってから。
肉親であるわたしがそう主張すれば少しは気が楽にならないでしょうか?現実は、この言葉を鵜呑みにすることもできないのですが

もひとつついでに、ストレスを感じることを可能な限り第三者にお願いする。ボケ老人の相手なんて所詮ひとりでは無理、全部かぶろうなんていうのがそもそも間違い。それに、嫁にはストレスでも第三者にはストレスにならないこともある

何を甘っちょろいことを・・・と先輩諸兄には言われそうだが
まだまだ先は長いし、ゆくゆくは下の世話までしなきゃならない。そんなに急いでストレスをかぶることはないんじゃない?

今はまだ笑い話ですけど、そのときが来たらまた大変だろうなぁ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めまして 管理人様
私は嫁で認知症13年の義母がいます。奥様には十分にいたわり・感謝の言葉をかけてあげて下さいね。ストレスを軽減させてくれます。
管理人様はご兄弟、姉妹はおられますか?
おられましたら、介護の大変さ、第三者の手を借りる必要性を十分に理解していただいて、「ありがとう」の一言があるだけで、気持ちがすごく楽になります。

そうそう、管理人様
奥様に、何かにつけ「最初に言ったろ!」と、おちょくっちゃいけませんよ。 介護者はちょっとした言葉に敏感に反応します、落ち込みます。奥様は責任感をもっと一人で抱え込みますよ。
奥様に笑顔がなくなったら大変です。
支えてあげて下さいね。
2007/01/07(日) 13:28 | URL | aya #-[ 編集]
aya様

コメントありがとうございます
経験者のお言葉は本当に身にしみます。13年ですか恐ろしく長い道のりに感じます。こころから敬意を表します

血縁はわたしの姉が一人近くにおります。これから書くかもしれませんが、現在は絶縁状態です。その直接の原因はこの介護ですが、手を借りることと受けるストレスとの天秤でそうなりました。おっしゃる意味は重々承知しております

やはりああいうふうに書くと反感買いますよね、すみません
わかってますとは言いませんが、わかっているつもりです。笑い話なんです、二人の会話の中では

今後も「嫁」の立場でいろいろご意見をいただければ嬉しいと思います
ありがとうございました
2007/01/07(日) 16:39 | URL | 管理人 #iFb/AFLg[ 編集]
管理人様
敬意なんて・・・困ってしまいます。
私の義母は現在老健に入所していますので、直接看護介護はしていないのです。今は週に3回の面会と洗濯物をもらいに行くだけなのです。
だから冷たい悪嫁なのです。
義妹・親族とは、ほぼ絶縁状態です。
やはり介護問題で、理想論、現実論のくい違いです。
私の場合は、実際介護するより、近親者・近隣者からの叱責が一番のストレスで、鬱状態になりました。
ただ、自分の気持ちを聞いてくれる人がいて欲しい、受け止めてくれる人が欲しい、それだけで十分なのです。

どんなに被害妄想の的にあったか、幻聴・幻覚・暴言、全ては病気がさせているのです。
私は義母が大好きです、愛しいです。
そう思えるのも、旦那様がいたわりの言葉をかけてくれるからでしょうね。
自分の事ばかり書いてしまいました、ごめんなさいね。
私の旦那様は私の操縦法のコツを得とくしたようです。
「感謝」と「褒めちぎること」
度が過ぎて呆れる事がありますが、調子よくそれに乗っかっている自分も自分ですがね。
2007/01/07(日) 21:29 | URL | aya #-[ 編集]
aya様

度々のご来場ありがとうございます
お話聞いていると、理想ですね。まだ駆け出しですが、おっしゃることはよくわかりますし、なによりもご夫婦の関係が羨ましい限りです

身内を含めて外野からのストレスは既に感じていますのが、鬱になるほど追い詰められた状況はお察しするに余りあります

これからもいろいろとご意見、経験談などいただければ嬉しいです
ありがとうございました
2007/01/07(日) 22:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ezkaigo.blog73.fc2.com/tb.php/8-476a5bc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。